今月の「農家の友」

令和元年11月号 「農家の友」

特集Ⅰ:スマート農業の実装等に向けた農地整備に係るシンポジウム

特集Ⅱ:マット苗における高密度播種の可能性を考える



◆担い手の安定経営を目的とした「子育て支援」の取組み
◆ファムトリップで都市近郊果樹園の魅力を発掘!
◆基本技術で小豆の安定多収を実現。ICTの活用で省力栽培

>>11月号のもくじを見る(PDF:327Kb)

●PDFを観覧するにはAdobeReaderが必要です。

>>「農家の友」バックナンバーのもくじを見る


農家の友って何?

昭和24年8月の創刊以降、新しい農業技術の普及・豊かな農村生活の実現を目的に一度の休刊もなく発行し続けている月刊農業雑誌です。
現在は、最新の農業技術や国際的な農業情報・農政動向・北海道各地の農業者の先進的な取り組み・ファームイン・女性起業家・個性豊かなサークル活動、新規就農者の紹介、農産物マーケティングなどの多彩な情報を毎月提供し続けています。


 昭和24年の創刊号。
当時は食糧増産・生活水準の向上を第一の目的とした


 昭和40年代。
機械化農業が普及し、大規模な経営への足がかりができた。


 現在。
「食料・農業・農村基本法」が施行され、新たな基本法農政のもとでの農業経営への対応が模索されている。


●農家の友バックナンバー (平成17年~  目次データ(PDF)はこちら)

 
令和元年8月号
8月号のもくじを見る(PDF:515kb)
令和元年9月号
9月号のもくじを見る(PDF:326kb)
 
令和元年10月号
10月号のもくじを見る(PDF:518kb)
 

ページの先頭へ